恋愛の悩み相談室|出会い方から片思いの悩みまで解決方法をご紹介!
彼氏と喧嘩して別れたときに後悔しないようにするには
彼氏と喧嘩別れをしまった時、後々になって後悔してしまわないようにするべきことをお伝えします!

彼氏と喧嘩して別れたときに後悔しないようにするには
スポンサーリンク



恋愛の悩み相談室|出会い方から片思いの悩みまで解決方法をご紹介!

彼氏と喧嘩して別れたときに後悔しないようにするには

彼氏と長く付き合っていくと、
だんだんお互いが
相手に求めることが大きくなって、
心の距離ができてしまい
別れにつながることもありますよね。

 
しかし不本意な別れになってしまいますと、
そこには後悔しか残りません。

「なんで別れてしまったのだろう」
と思ってももう手遅れなのです。

 
誰だって後悔はしたくないものですよね。

では彼氏と喧嘩別れをして
後悔しないようにするためには
何が大事なのかを挙げていきましょう。
 

自分が苛立ってきたときこそ相手を理解する

 
喧嘩の根本的な流れは、
お互いの考え方ややり方が合わなくて
口論になるところから始まりますよね。

「もっとこうしてほしい」

「なんで解ってくれないの?」

というように、
自分の考えが相手に伝わらないことから、
それを押し付けたい気持ちからくるものです。

 
その時は確実にイライラしていますよね。

このイライラを
そのまま表に出してしまいますと
喧嘩に発展してしまいます。

そこから別れに繋がるのです。

 
ですので、このように自分が
苛立ってきたときこそ
相手のことを考えるようにしましょう。

彼はなぜこんなことを言ってくるのか、
自分に何か原因があるのか
と考えることができれば、
興奮状態になる前に
冷静に物事を見ることが
できるようになります。

 
それにより、冷静に話をすることができて
不本意な別れをしなくても済むでしょう。
 

スポンサーリンク



 

別れてしまったらとことん相手の悪いところを書きだす

 
しかしそれでも別れてしまったのであれば、
もう後ろは振り向かないように
しなければいけません。

しかしそうは言っても未練があったり
後悔してしまうこともあります。

 
そのような時は
「別れて良かったんだ」
という気持ちを持つことが大事ですよね。

少しでも早く次の恋愛に
向かっていきたいでしょう。

 
それには別れた彼の悪いところを
とにかく紙に書いてみましょう。

「時間にルーズ」

「すぐに諦めるクセがある」

など、挙げようと思えば
いくらでも出てくるでしょう。

 
こうして書き出して
彼の悪いところを改めて
目に見えるようにすることで、
「私はこんな男と付き合っていたのか」
と感じてしまうでしょう。

別れて良かったと
気持ちを持っていくことができます。

 
別れてしまったことはしょうがないので、
いつまでも未練を持って
後悔していても先に進みません

早く彼のことを忘れて
後悔しないためにも、
思いつく限りの彼の悪い部分を
露にしてしまいましょう。

まとめ

 
彼氏と別れてしまったとき、
それが喧嘩が原因でとなっても
後悔してしまうこともあります。

そんな後悔を防ぐためにも大事なことは、
まず簡単に別れるようなことを
しないことでしょう。

 
喧嘩の勢いで別れてしまうのは、
ほとんどの場合は不本意な別れと言えます。

頭に血が上ってしまったときの
判断ですので後悔しか残らないでしょう。

まずは冷静にその場を
対処することが先なのです。

 
そして別れてしまったのであれば、
とことん彼の悪いところを
目の前に表すことで
「別れて良かった」
と思えることができます。

 
少しでも素敵な恋愛をしていくためにも、
公開をするようなことは
防いで行きたいですね。

スポンサーリンク



おすすめの記事