社内恋愛は毎日仕事で会うことができて、毎日が楽しく過ごせますが、別れてしまうと仕事中も気まずくなってしまうデメリットがあります。毎日顔を合わせなければいけないのに、打って変わって苦痛となってしまうでしょう。
 
しかしやっぱり復縁したいという気持ちがあった時、どうすれば良いのか迷いますよね。完全に気まずい雰囲気でいる中で、それでも職場では一緒にいなければいけないというストレスが復縁を遠ざけてしまいます。
 
ではそのような社内恋愛で別れてからの復縁をするためにするべきことを挙げていきましょう。
 
 
 
1、 しっかり仕事に打ち込む
 
社内恋愛で別れてしまうと、やはりどうしても気まずさが先に立ってしまいます。しかし考え方を変えてみると、実は社内恋愛のほうが復縁しやすいとも言えるのです。
 
いつも一緒にいなければいけない、顔を合わせなければと思うのではなく、別れたけどいつでも会えるわけですから、チャンスは常にある状態です。
 
 
・別れたという実感を持つ
 
そこでやるべきことは、仕事にしっかり打ち込むことです。復縁するということは相手が変わったなと思わせることが大事なことですので、別れたことを引きづっているような姿を見せていてはいつまでも復縁はできません。
 
常に相手が近くにいることで、別れたことを実感できない時もあります。忘れたいけど忘れられないということにもなります。
 
しかし、相手への依存を感じさせないよう、しっかり仕事に打ち込むことで相手のことを考えないようになっていきます。
 
最初はどうしても意識してしまいますが、まずは「自分たちはもう恋人同士ではない」と言い聞かせていきましょう。
 
 
・少しずつ会話をしていく
 
顔を合わせつつもあくまで仕事の同僚という感覚での付き合いをしていけば、自然と気持ちの距離ができていくでしょう。だからと言ってこのまま離れていってしまっては復縁にはつながりません。
 
そこで少しずつ会話を増やしていくのです。仕事のことを聞いたり手伝ってもらうなどの接点を作りましょう。
 
初めのうちは「あえて話す」と言うことは難しいのですが、それでも勇気を出して声をかけるのです。あくまで仕事の話をするという気持ちを持ちましょう。
 
これを繰り返していけば、だんだんと世間話もできるようになっていくでしょう。
 
 
 
2、 付き合う前のような行動を
 
会社で話ができるようになったら、次はラインでの接触です。やはり最初は「今日は仕事教えてもらってありがとう」なで、仕事関係の話を送りながらやり取りを心掛けていくようにするのです。
 
だんだん自然の関係ができつつあり、その後は最初に付き合う前のようにご飯を食べに行ったり遊びに行ったりするうちに、再び付き合っていたころの熱が再燃していくのではないでしょうか。
 
そうなればもう復縁することは時間の問題です。
 
 
 
まとめ
 
社内恋愛で別れてしまうと最悪と言うイメージが先に来ますが、実は復縁するには条件が良いと言えるのです。
 
最初は辛い気持ちの方が先行してしまいますが、それでもとにかく仕事に打ち込んで、「もう今は付き合っていない」という事実を受け止めることが、後の復縁に繋がるでしょう。