片思いをしている男性がいるとき、その彼の気持ちを自分に向けさせたいですよね。自分のことを思ってもらうためには嫉妬させるという方法がありますが、付き合っているわけではありませんので、あまり刺激的すぎるやり方も良くないでしょう。
 
では片思いの男性にさりげなく嫉妬させる方法とは、どのようなものがあるか、あげていきましょう。
 
 
1、 食事に行ってきたなどの報告をする
 
片思いしている男性に嫉妬させたいときは、ラインなどの連絡で「友達と食事に行ってきた」と報告することです。この時に「お肉をいっぱい食べてきた」というガッツリな感じの一言を添えるとさらに効果的です。
 
食事に行ってきたという報告だけでも「誰と行ってきたんだろう?」と気にしてしまうものです。そこにガッツリ系のものを食べてきたとなれば「男と行ったのか?」と想像してしまうでしょう。
 
彼も付き合っているわけではないので、あからさまに誰と行ってきたのかは聞くことはできません。「そんなに食べるキャラだった?」などと探りを入れてきたら嫉妬していると言えるでしょう。
 
 
2、 他の男性に言い寄られていると相談する
 
片思いの男性に「最近、会社の人によく誘われちゃうんだよね、どうしよう?」と相談することで、彼の嫉妬心を掻き立てることになります。
 
女性に会話の中で他の男性が出てくると、少しでもその女性のことを気にかけていれば嫉妬するはずです。その言い寄って来た男性のタイプのことを聞いてきたら、もう嫉妬しているということです。
 
ただ、その言い寄ってきた男性のことを「私も気になっていて」とか「イケメンでかっこいい」というようなことを言ってしまうと、嫉妬を超えて引いてしまうかもしれないので、あくまで「その気はないんだけど」くらいのニュアンスで話しておきましょう。
 
 
3、 連絡のペースを落とす
 
こちらはあえて連絡を減らすという方法です。定期的な連絡をとっていたのであれば、そのペースを減らしましょう。
 
ほぼ毎日のように連絡をしていたのであれば急に丸一日止めたり、また連絡したと思ったら二日くらい止めたりと。これにより彼は「最近忙しいのか?」と感じて、「もしかして彼氏でもできたのか?」と勘繰ってしまうはずです。
 
特に仕事が休みである土日にそれを実行しますと「デートしているのか?」とさえ思ってしまうでしょう。さらにSNSでも一切更新をしないと、「何か秘密にしていることでもあるのかな?」と心配にもなってきます。
 
 
まとめ
 
片思いの男性に嫉妬をさせたいときの方法をあげていきました。付き合ってない関係ですのでさりげなくというくらいの方法をまとめましたが、効果は大きいものです。
 
しかしここで注意が必要ののですが、やりすぎはNGです。何度もそのようなことをしていますと、相手の男性に「一人で楽しめる人なんだな」と思われてしまい、離れていってしまいます。
 
ほどほどに行うことがベターな方法と言えるでしょう。