密かに思いを寄せている男性がいる、そんな経験をしたことがある女性も多いでしょう。いつかは付き合いたいと思う、いわゆる片思いですね。
 
しかし実際にそんな時間が長くなっていき実ることが無いと「もう諦めたほうが良いのかな」と思うこともありますよね。しかしただ諦めるのは腑に落ちないし、何かをきっかけにしたいものです。
 
では片思いの男性をきっぱり諦めるためにきっかけにしたいものとは、どのようなことがあるでしょうか。
 
 
1、 思い切って告白して振られたとき
 
一番潔いと思えるきっかけは、思い切って告白をして振られてしまったときでしょう。振られたということは、相手は自分に興味を持ってくれていないのです。そんな相手のことをずっと思っていたって何が起こることもありません。
 
これを機にスパッと諦めることが一番のきっかけではないでしょうか。もちろん振られたときは辛さも残りますが、気持ちを伝えたということで少しはスッキリできますよね。
 
やることはやったという気持ちをもって、次の恋に向かいましょう。
 
 
2、 完全に自分に気持ちが無いなと感じたとき
 
片思いをしている男性にはそれなりの行動を示すものですが、いろんなアクションを起こしても、自分にはなびいてくれないし気持ちをが無いなと分かった時は、それをきっかけにもう諦めても良いでしょう。
 
デートに誘ってもなかなか実現できなかったり、メールなどの連絡をしてもそっけないし続かない。そんな状態であれば相手の男性は自分には気持ちを持ってくれてないと感じますよね。
 
その時にこれから何をしようとも、付き合ってくれることなんてないだろうというのが本音であるでしょう。その気持ちの正直になりきっかけとして諦めるのが良いと言えます。
 
 
3、 何度デートをしても何の進展もない

片思いをしている男性とデートはするものの、何の進展もないと感じ始めたときは諦めるタイミングと言えます。
 
もし相手の男性が貴女に好意を持ってくれているのであれば、何度かのデートで距離が近づいていくものです。手をつないだりデートの内容が濃くなってきたりするでしょう。
 
しかし何度デートしても何にも変わることが無いのであれば、彼は貴女に興味がないということです。ただの友達としての感覚なのでしょう。
 
このまま自分だけが淡い気持ちを持って接していた所で、これ以上も進展は見込めないのではと思ってしまいますよね。それに気づいたときをきっかけに片思いの男性を諦めても良いのではないでしょうか。
 
 
まとめ
 
片思いの男性とはいつかは結ばれたいと願うものですが、かなわない時だってあります。そんな時は何かをきっかけに諦めて、次の出会いを探す方が良いですよね。
 
そのためにケジメをつけるためのきっかけにしたいことをあげていきました。自分の幸せのためにも、結ばれない片思いは、何かのきっかけやタイミングを掴んで諦めることも大切なことなのです。