片思いをしている男性がいると、彼を思うだけで気持ちが高揚しますよね。しかしそんな彼とふとしたことで喧嘩をしてしまうなんてこともあります。不用意な一言がきっかけで彼の気分を損ねたという経験のある方もいるでしょう。
 
そうなってしまったらもう彼のことを諦めなければいけないのか、心配になるものです。しかしそんなことはありません。それにはしっかりとした対処法がありますので、それをこれから紹介していきましょう。
 
 
・喧嘩するほど仲が良い
 
まず先に考えていただきたいのは、喧嘩をしたということはそれだけ二人は仲が良かったとも言えるのです。元々そこまで気にもかけてない人と喧嘩になることなんてありませんよね。
 
特に男性は正直なもので、気にしてない人とは接することすらしませんので、喧嘩したということはそれだけ近い距離にいたということなのです。このことを頭に入れておきましょう。
 
 
・まずは謝る
 
何にしても一番の対処法は謝ることでしょう。原因がどちらにあるかということではなく、喧嘩したということは必ずお互いに原因があるものです。相手が謝ってくるまではと待っていては事が進みません。
 
まずは自分から素直に謝って少しでも関係の修復に向かいましょう。この時に「貴方がこんなことを言うから」といういいわけはいりません。話がこじれてしまうだけです。
 
もし彼の方がなかなか連絡をしてくれない状態であったとしたら、しばらく時間を置いて今一度謝るための連絡を入れるのです。
 
男性は多少時間が経つと気持ちが収まってきます。しかしことが起きてから時間が経ちすぎると、彼の心が離れてしまうことにもなるので、頃合いを見て連絡をしましょう。
 
 
・思い切って告白してしまう
 
もう一つの対処法は、このような機を告白のチャンスとしてしまうことです。かなりの逆転に発想ですが効果的なものです。
 
「今回こうやって喧嘩したけど、私があんなことを言ったのは貴方が好きだったから。だから感情的になってしまった」と言えば、彼は驚きと共に貴女に気持ちを向けることでしょう。
 
先ほども言いましたように、喧嘩をしたということはどうでも良い関係ではなく、お互いにそれなりに近い距離にいたということなのです。彼も貴女を意識していたかもしれません。
 
それもあって、あえてここで告白することは意味が出てきます。喧嘩からのまさかの付き合うことに発展するという結果もありえますね。
 
 
まとめ
 
片思いの男性と喧嘩してしまっても、修復は可能です。逆に今まで以上に距離が近づいて、さらには付き合うことにまで発展するかもしれないのです。
 
しかし基本的には謝ることが基本ですので、そこは人間としての大切なこととして理解しておきましょう。喧嘩とは時間がたてばどうでもよくなってくることもあります。特に男性はそのような傾向が多いのです。
 
ですので片思いの男性と喧嘩をしてしまったからといって焦らずに、また仲直りして、もしくはそれ以上の関係になれるよう、冷静になった時にじっくり考えて行動していきましょう。

おすすめの記事