バレンタインも過ぎて一か月経て
次はホワイトデーですね。

男性たちは本命の女性や
義理でチョコを頂いた女性たちに
お返しを考えるでしょう。

 
ホワイトデーのお返しと一言で言っても
それには様々ありますよね。

その中でももし手作りの物を
と考えている方にはまずこの記事を
読んでいただきたいと思います。

 
手作りのものは引かれるかもしれない
という話もありますので、
正直女性たちはどう思っているのかを
あげていきます。
 
 

本命の男性からならオーケー

 
ホワイトデーでもらったものが
手作りだったとき、
相手が本命の人であれば
嬉しいと答える方は多い意見です。

自分のために頑張ってくれたんだ
と感じたときは、
喜びもひとしおと感じるようです。

彼氏が手作りのものをくれたときは
最高の気分になるという方は多いですね。

 
しかし義理であげたチョコなのに
そのお返しが手作り
という気愛を感じてしまうと、
ちょっと引いてしまうようですね。

「そこまでしなくても…」

と思ってしまうのです。
 

料理が得意な人なら嬉しい

 
その男性が昔から料理やお菓子作りが
得意だったり好きだという男性であれば、
それは欲しいと思っています。

すでにその男性の料理を
食べたことがあるとなれば安心できるし、
むしろ手作りを
期待してしまうという方もいるでしょう。

 
ただ料理経験がないのに
頑張って作ってきたというのはNGです。

「気持ちはありがたいけど、
美味しくないものは頂きたくない」

と、わりとキツめの意見も出ています。

確かに気持ちは分かりますが。

 
仕事がパティシエという男性なら
逆に手作りのほうが良さそうですね。
 
 

清潔感のある男性なら頂く

 
やはり料理やお菓子作りに通ずるものとして
清潔感がありますね。

さわやかで清潔感のある男性からは
手作りも頂いてみたい
と思う女性もいるのです。

 
しかしどちらかというと体育会系だったり、
熱い人というようなキャラの男性からは
手作りのものはノーサンキュー
という女性が多いでしょう。

どんな作り方したんだろう
と不安になってしまうのです。

仲の良いグループにまとめて渡すならアリ

 
こちらは少し変わった意見ですが、
普段から男女関係なく
仲の良いグループ皆にまとめて渡す
というようなときはアリ
という意見もあります。

 
皆で食べて美味しかったなら
皆で驚けばよいし、
不味かったらネタにできるし、
ということで、
楽しい時間になるので
アリということなのですね。

 
「今年は手作りだよー」

とパーティーでお披露目すれば、
盛り上がることでしょう。

まとめ

  • 本命の男性からならオーケー
  • 料理が得意な人なら嬉しい
  • 清潔感のある男性なら頂く
  • 仲の良いグループにまとめて渡すならアリ
  • ホワイトデーのお返しで
    手作りと言うのは基本的には
    引くという女性が多かったのですが、
    一部の条件が通っていれば
    手作りも良いということです。

     
    上記に当てはまる男性なら
    今年は手作りを実行してみても良いですが、
    そうでないなら無難に
    買った方が良さそうですね。

     
    どうしても手作りを渡したいのであれば、
    今から勉強して
    来年にはということにしましょう。

    おすすめの記事